世界から日本へ、そしてヒラトヤブライダルへ。

花嫁の美しさをもっと引き出し、もっと輝かせるドレスがあるはず…。
私達はそんなドレスを探し続けていました。
どこかにきっと…。
その思いが通じ、出会えたのが「グランマニエ」です。
シンプルだけど華やかで上質な、大人の女性にふさわしいドレスをお届けできる。
今、私達はその喜びにあふれています。

グランマニエが開く、
新たなウエディングドレスの世界。

ヨーロッパの本当に美しいドレスを日本の花嫁に着ていただきたい・・・。
そんな願いから誕生したのが「グランマニエ」。
世界の一流オートクチュールデザイナーが、
日本人女性のために最高の一着を生み出すことに情熱と愛情を注いでいます。
「日本の花嫁の美しさを引き出すために努力を惜しまない。」
「ハンドメイドにこだわり大量生産はしない。」
そんな“作品”とも呼べるグランマニエのドレス。
県内では唯一の取扱となるヒラトヤブライダルファッションが
あなたにふさわしいドレスを贈ります。

Designers

世界から日本へ。
グランマニエ・デザイナー達のオートクチュールへのこだわり。

ミラノ、ローマ、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス。世界各国で活躍しているグランマニエのデザイナー達は、一人の花嫁のために上質な生地を求め、その人の美しさを引き出すために自由自在にパターン修正を行います。そのこだわりが世界の花嫁の支持となっているのです。
「日本の花嫁には日本人に会ったパイピングの幅やコサージュの大きさで。」
日本の花嫁の特徴を理解したうえでデザインされ仕立てられたこだわりのドレスだから、スタイルよく着こなせるのです。それは、一般のファクトリーメイドの画一的な規格でつくられるウエディングドレスでは到底不可能な仕事。この手間と時間を惜しまない美しさの追求が、多くの花嫁の憧れの一着となり、世に送り出されるのです。

FIO COUTURE

ミラノのデザイナー フィオレッラ

母がウエディングドレスのアトリエを創り一世を風靡。あの往年の有名メゾン「コロンバ」を凌ぐ人気をヨーロッパで博し、いま世界中に上流顧客を持つオートクチュールデザイナー。自らが特別に日本人花嫁のために創るウエディングドレスの特徴は、まずその素材選び。「極上」と誰もが認める素材にこだわるのは、その素材でしか出せないラインがあることを知りつくしているから。天使の織物と賞賛されるシルクオーガンジーはまさに芸術品と言って良い。フランスレースの組み合わせで全世界の女性を虜にする。それがミラノ発「ロマンティックサプライズ」と呼ばれるFIOのドレス。

MODERN TROUSSEAU

ニューヨークのデザイナー キャリー

メルボルンで育った彼女は幼いころからファッションに魅了され、よく母親のクローゼットからドレスを選んで、自分なりにコーディネートをして遊ぶのが日常でした。キャリーは王立メルボルン工科大学でデザインを専攻し、卒業と同時に、オーストラリアの会社でデザイン技術を磨きます。そこで、ウエディングドレスのデザインも手掛けることに。そんな彼女のつくるデザインは“ロマンティック”“洗練”“カスタムメイド”が特徴。少女の様な可愛らしさと、エレガントを合わせ持つ彼女のドレスは、そのバランスが絶妙。また、ヘッドアクセサリー、ベルト、コサージュなども自らデザインし、花嫁のドレス選びをより一層たのしませています。